Home » お知らせ » 狭いが勝ちか、スプレッド競争の臨界点-SBI FXトレードのケース

お知らせ

狭いが勝ちか、スプレッド競争の臨界点-SBI FXトレードのケース

2014.1.27

日本のスプレッドは“おもてなし”精神

日本のFX会社の取引高は世界的に見ても非常に多い。2013年6月にGMOクリック証券やDMM.com証券の取引高が1兆ドルを超えた時には世界的に大きなFXのニュースとなった。取引高が増加した背景には、「狭いスプレッド」が挙げられる。スプレッドが狭ければ狭いほど、投資家にとってはプラスに働く。ゆえに、顧客へのサービスとして一番眼に見えやすいのがスプレッドを狭くすることなのである。海外のFX会社と比較して、非常に狭いスプレッドは、日本のFX会社特有の顧客への“おもてなし”精神の表れと言ってもよいかもしれない。

続きを読む

記事・調査レポート
Articles & Reports

会員誌(英語のみ)
International Membership

サービス
Services

Copyright(c) 2014 WESTERN Inc. All Rights Reserved.